2015年度の撃ち初めはELITE OPERATORSでした

去る2月18日の日曜日、JWCS公式レンジマルチレンジにて、
2ガンマッチELITE OPERATORSの特訓を行って参りました。



この日の朝は凍えるほどの寒さで、特殊作戦群区様の周辺の、
田んぼに残った水に見事な氷が張っていましたが、
南向きの大きな窓から陽光が差し込むマルチレンジの辺りは
汗ばむくらいの暖かさで、快適な環境での練習が楽しめました。

これが今年の撃ち初めだった上に、エリオペの練習をするのも
おそらく9ヶ月ぶりといったような恥ずかしい状態でしたので、
まずは公式ルールの確認を兼ねて、通しで一周撃ったところ、
フリーが8ダウンで、続くアンビは6ダウンの合計82枚という、
思っていたよりはマシだったかな・・・という成績になりました。

当たり前の話しですが、やはり6、7メートルの距離になると、
ライフル、ハンドガンともにポロポロ外し出すんですよね。
さりとて、狙いすぎると制限時間に間に合わなくなるという、
プレート競技独特のジレンマに悩まされるわけなのです。



上はフリーでトランジッション(ハンドガンへの持ち替え)を
今まさに行っている私デイヴ金子でございますが、
幸いなことにこの動作は身体がちゃんと覚えていたようで、
コールドの1発目からスムーズにこなすことが出来ました。
もっとも、持ち替えてから当てる部分は別の話しですけどね(汗)

アンビでのライフルのスイッチングも問題なく出来ることを確認し、
あとは当てる練習を積み重ねれば良いことがわかったので、
まだまともに練習したことがないサイドマッチRELOADの動作を、
身体に覚え込ませるための徹底的な訓練を行いました。

以下にその様子を撮影した動画を公開してみましたので、
御用とお急ぎでない方は是非ともご覧くださいませ。

サイドマッチRELOAD 4m8秒(7.7秒)練習の様子


サイドマッチRELOAD 7m10秒(9.7秒)練習の様子


良く考えてみたら、私以外にUZIで競技に出場する人はいないので、
この銃でのリロードの様子なんて、何の参考にもなりませんが(汗)
グリップを握った右手の人差し指でマグリリースボタンを操作出来る
M4系ライフルと違って、マガジンチェンジに手間のかかるこの銃で
スイッチングを絡めたスピードリロードを行うために、動画のような
綱渡り的な動作を編み出したのですよ。
必要は発明の母なりとは良く言ったものですよね(ちょっと違う?)

最初は思わず手順を誤って、時間内に撃ち終えられなかったりと
つまらないミスを頻発しましたが、ひたすらの反復練習により、
考える前に身体が動いてくれるようになったように思います。

結局この日は動作の無駄を削ぎ落としつつ覚えこむための
ひたすらの特訓を重ねただけで、RELOADを通して撃つことは
とうとうやらなかったのですが、手応えは充分感じられました。
やっぱり、好きな銃で競技を戦うのが一番楽しいですからね。

2月8日(日)に開催される、ELITE OPERATORS本大会。
久しぶりのエントリーですから、目一杯楽しむつもりですので、
一緒に参加される皆様、どうかよろしくお願いいたしますね!


Posted by JWCS at 2015年01月21日 20:46通常営業日レポート

JWCSポスタルマッチに向けての練習

連休中日の本日11月23日、JWCS公式レンジ常連シューターの
小林さんが、JWCSポスタルマッチの練習に来てくださいました。



上の画像で撃たれているライフルが何か、皆様おわかりでしょうか。
今は無きMGCというメーカーが発売していた、M653のガスガンで、
トリガーを引くと弾を発射しなくても、ダダダダダッという作動音と
若干の振動が楽しめる、時代を先取りした製品だったのです。



25年位前の製品でしたか・・・私デイヴも持っていたのですが、
以前身体を壊して職を失った際に、貴重なコレクション共々
売却しちゃって、今は手元に無いんですよね(涙)

小林さんはこの貴重なガンを、シューティングマッチを
戦えるコンディションに保っておられるだけでなく、
JWCS用にリアサイトまで自作されていらっしゃるのです。
今回は美しい仕上がりの全塗装まで施されていて、
さすが、昭和のガンマニアは拘り様が違いますね~。



さらに、今の若い人は知らないであろう往年の傑作、
ナストフ(画像下)とセンチメーターマスターをお持ちになって、
これがまた傷ひとつ無いミントコンディションなのですから、
当時を知るガンマニアのひとりとして、ただただ脱帽でした。



今日はマガジンの不調で撃つことが出来ませんでしたが、
往年の名機が吼える姿を、個人的に楽しみにしております。

ちなみに私も、ハンドガンオープンクラスで1周撃ったのですが、
集計する気にもなれないほど惨たらしい成績でした(涙)
今からこれでは先が思いやられるばかりですが、
明日もJWCSレンジ当番(今は佐原のビジネスホテル)なので、
もう一度真剣に撃ってみようと思います。

連休最終日ではありますが、特にご予定の無いという方は、
是非JWCS公式レンジで、私と一緒に練習しましょう!

Posted by JWCS at 2014年11月23日 22:40通常営業日レポート

JANPSに向け、マルチレンジで練習

ここ数日、JWCSブログの更新が滞ってしまい、
読者の皆様には大変申し訳ございませんでした。

今日からまたバリバリ更新して参りますので、
変わらぬご愛顧のほどを何卒よろしくお願いいたします。

さて、去る10月19日の日曜日、私デイヴ金子はJWCSレンジ
出勤当番だったのですが、お客様の対応が終わった夕方から、
マルチレンジのフォーリングプレートを8cmの物に貼り替えて、
11月9日に開催される日本最高峰のシューティングマッチ、
JANPSのフォーリングプレートイベントの練習に励みました。



思えばJWCSの立ち上げからこっち、スピードシューティングは
練習も本番もそれなりにこなして来たものの、最後に
フォーリングプレートを撃ったのは、何ヶ月前のことでしょうか・・・

かつては勤務先であるアキバ店シューティングレンジにて、
毎日血の滲むような特訓を重ねて、真剣に腕を磨いた私でしたが、
仕事にかまけて鍛錬を怠るうちに、その技術は身体から去ってしまい、
何度撃っても6回以上の連続クリーンが出来ない体たらく(涙)

切れ味鋭い技術を身に付けても、磨き続けなければ
やはり錆びついてしまうものなんですねぇ・・・



上は昨年のJANPSに参戦した際の、ムーバーを撃つ私ですが、
この会場で撃つフォーリングプレートの恐ろしさたるや、
今思い出しても怖気を振るうというもの(汗)
4m先の8cmプレートが、どう見ても6cmの大きさとしか思えず、
もはや痙攣というレベルで全身が震えたものでしたよ。
間違いなく、過去最大のマッチプレッシャーだったと思いますね。

今年はせめてもう少し冷静に対峙したいと思いますので、
きっちり練習を積んで本番に臨む覚悟でございます。

と、今回の記事は自分語りに終始してしまいましたが、
過去最高のエントリー数になるという今年のJANPS。
初参戦の方も多いことと思いますが、そんな貴方に、
あのマック堺氏製作のJANPSDVDをオススメいたします。

JANPS 2013 DVD

販売価格: 2,857 円 (税抜)

JANPSの競技内容と、ルールについてを分かりやすい動画で徹底解説。
さらに試合を構成する4つのイベントの攻略法をJANPSの歴代優勝者、
そして、本場「NRA BIANCHI CUP」の出場経験もあるベテラン
シューター達が実技を交えて解説するという贅沢な内容です。

これを見ると見ないとでは、かなりスコアが違って来ると思いますよ!
初挑戦の方も、そうでない方も、是非ともお試しくださいませ!!

Posted by JWCS at 2014年10月22日 16:35通常営業日レポート

3度めのご来場

一昨日、9月21日の日曜日は、私デイヴ金子がJWCS公式レンジ
出勤していたのですが、ひと通り撃ち終えて休憩していたところ
当ブログ7月29日の記事にご登場いただいた水戸の青木さんが、
JWCS練習のため、おひとりで来場してくださいました。



2ヶ月ぶりのご来場かと思いきや、私が当番でなかった日にも
一度ご来場になっていたとのことで、自宅では音がうるさくて
撃てないから・・と、仕事を終えた足でお越しくださった青木さん。
シューティングへの熱意を静かに燃やされているのが
ひしひしと伝わって来てうれしい限りでしたね~。

今回は青木さんのご希望で、しっかりとお作法をご説明しながら、
JWCSの全7ステージを1周、ちゃんと記録をとりつつ
私のROによる試合形式で撃っていただきました。

結果を掲載するお許しを頂戴し忘れてしまったため詳細は伏せますが、
ご自宅でたっぷりドロウ練習をされた成果が見事に活きて、
前回の記録を数秒上回ることが出来たとのことです。
この、上達を実感出来るのがシューティングの楽しさなんですよね。

「あんな近くのターゲットに当てられなくて、
イヤになっちゃって・・・」

なんてことを、練習の終わり際におっしゃっていましたが、
箱出しのマルイ製MEUで3秒台を何度か出されていた青木さんは、
少なくとも初めてお会いした時よりも、格段に上達されていましたよ。

私デイヴも、遥か遠い道のりを歩み出したばかりのビギナーです。
今度は一緒に、各ステージを研究しながら撃ちましょうね。

そして、来週末の第2回JWCSチャンピオンシップにも、
見学でも結構ですから、是非ともおいでいただきたいと思います。
真剣に試合を戦うシューターの姿に触れることで、また新たな
楽しみ方が見えてくるかもしれませんよ!?














Posted by JWCS at 2014年09月23日 17:51通常営業日レポート

JSC直前練習会!

本日、JWCS公式レンジでは『JWCS・JSC自主練』ということで、明日、開催のJSCの練習にAスクワッドのスギサワさんがいらっしゃいました。







●JWCS練習スコア(画像をクリックするとPDFが開きます)






●JSC練習スコア(画像をクリックするとPDFが開きます)




さすが、Aスクワッドシューターのスギサワさんだけあって、JSCで76秒、68秒という驚異的なタイムを叩きだしたのはもちろん、まったく初めて撃ったJWCSでも、安定して外さずに撃って63秒というタイムを記録。

トップシューターの射撃は見ているだけでも勉強になりますし、一緒に撃たせていただいて、とてもいい修練になりました。



スギサワさん、明日のJSC本戦がんばって下さい!

そして、JWCS本戦もよろしくです (^_-)-☆





タグ :JSCJWCS練習

Posted by JWCS at 2014年09月13日 15:06通常営業日レポート

JSC練習会での射撃動画



前回記事でご紹介した9月6日のJWCS/JSC自主練習会の際に、
本戦前のシューティングフォームのチェックという意味も含めて、
久しぶりに動画を撮影してみました。

まずは私デイヴ金子が撃つアクセラレーターをご覧ください。



いや~外しまくってますねぇ(汗)5発で決められたのが
5回中たった1回というのは、我ながら泣けてくる不安定さです。



私は左から、○□、□○、ストップと撃つのですが、
手前と同じ勢いで奥を撃つと見事に外すというパターンを
上の動画で存分に披露しておりますねぇ(涙)

これじゃいかんと気付いた4回目の射撃でようやく、
4、5枚目をゆっくりしっかり狙って撃っています。
ラストではストップターゲットを外しちゃってますが・・・
この体たらくで自己ベストのタイムが出たというのは、
とても素直に喜べるものではありませんよね(汗)

と、ほとんど何の参考にもならない私の射撃はさておき、
下の動画では、ケイコさん、osamraiさん、そして石井名人と、
上級者たちのシューティングをご覧いただけますので、
ご自分の射撃に悩みがあるビギナーの方(私も含む)は、
何かを感じ取っていただければ幸いです。



あ、最後に私も映っていますが、早送りでお願いしますね(汗)

さあ泣いても笑っても、練習出来るのはあと3日!
JSCにご参加の皆様、お互いベストを尽くしましょう!!

そして、JSCが終わったらJWCSもよろしくお願いします!



第2回JWCSチャンピオンシップ参加要項

日程: 10月3日(金)4日(土)5日(日)

参加費: 1クラス目5,000円、2クラス目以降2,000円
(※18歳未満の方 1クラス目3,000円、2クラス目以降1,000円
 ※第1回大会での各クラスチャンピオンは、エントリーフィーが
 無料
となります)

※詳しくはこちらの記事もご覧くださいませ。

Posted by JWCS at 2014年09月11日 02:22通常営業日レポート

9月6日 JWCS/JSC自主練レポート

昨日の記事と内容が前後して大変申し訳ないのですが、
去る9月6日にJWCS公式レンジにて行われました
JWCS/JSC自主練習会の模様をレポートいたします。



朝イチで集まった石井名人、ケイコ姉さん、そして私
デイヴ金子の3人で、まずはJWCS全ステージを1周、
ウォーミングアップも兼ねてタイム計測いたしました。


※画像クリックで大きい画像が開きます

手前味噌になりますが、全7ステージが常設されている環境は
やはり快適かつスムーズにシューティングを楽しめますね。
「やっぱりJWCS面白いねぇ」などと語り合いつつ、
3人とも過去の記録を上回るスコアを叩き出していました。

ちなみに私の88.11秒は、第1回チャンピオンシップの結果
4秒近くも短縮しているという驚きのタイムだったのですが、
これはホルスターの改良によるところが大きいように思います。



JWCSを撃ち終えたところで食事休憩に出かけて
戻って来たところに、各種マッチでトップクラスの成績を
保持されているosamuraiさんこと佐々木さんがご来場。
「本番前に広いレンジで撃っておきたくて」とのお言葉で、
さっそく4人でJSC練習会の開始となりました。



ガンスミスとしても一流の腕前をお持ちの佐々木さんは、
C-MOREサイトをホリゾンタルマウントに搭載した
自作のレースガンで、熱い射撃を繰り広げられていました。



いわゆるミリガバのスライドを搭載したシングルスタックの
45オートで鋭いシューティングを魅せる石井名人。
今年は首位奪還の覚悟で練習に臨まれています。



1911フレームにデトニクススライドを載せたカスタムガンで
確実に当てて行くシューティングを堅持していたケイコ姉さん。
ダットサイトの不調により、後半は「心眼で狙う」射撃を
強いられながら、見事な集中力でピンチを乗り切られていました。

そして、JSC練習の結果は以下のようになりました。


※画像クリックで大きい画像が開きます

90.52秒を軽く叩き出した石井名人から、
「やっぱりJWCSレンジは最高だ!!」
と、ありがたいお言葉を頂戴しましたが、実際、広々として
非常に明るいマルチレンジは、最高の環境だと私も思います。

実はこの後、石井名人を除く3人でもう1周を撃ったのですが
(石井名人は夕方からのBlueTargetでの練習会に向けて休憩)、
そのリザルトを記録し忘れるという大失態をやらかしたため、
自己ベストとなった105秒台の記録が幻と消えたのですが(涙)
上記1周目の107.63秒というタイムも、110秒以内で上がるという
今大会での目標を満たすことが出来ているのは嬉しい限り。

上でも書きましたが、やはりホルスターが良くなったことで、
毎回の初弾が少しずつ速くなっているのだろうと思います。

おそらく私は、この日の練習が本戦前最後の練習になりますが、
比較的良いイメージで本戦に臨むことが出来そうですね。

まだまだ練習し足りないとおっしゃる貴方は、今週土曜日の
9月13日に、JWCS公式レンジにて行われるバットンシャチョー
主催の自主練習会に、是非ともおいでくださいませ!

Posted by JWCS at 2014年09月09日 01:10通常営業日レポート

9月7日 JWCS/JSC自主練リザルト

本日、JCS公式レンジで『JWCS/JSC自主練』を開催し、いまや常連となった高さんが練習にいらっしゃいました。






●JWCS練習リザルト(サムネクリックでPDF表示)






●JSC練習リザルト(サムネクリックでPDF表示)




高さんは、今年、JWCSでシューティングマッチを始めたばかりですが、今日、念願のJWCS初100秒切りで、しかも一気に94秒! JSCも今日が撃つのは2回目というのに、117秒という好成績です。高さんは初弾が安定していて、そして確実に狙って外さない撃ち方であり、練習に来るたびに確実にスコアを伸ばしていらっしゃいます(※計測終了後、16時現在も高さんは黙々と練習を続けていらっしゃいます)。



また、今週土曜日、9月13日()も、『JWCS/JSC自主練』を開催いたします。ご予約不要で、10時~11時頃おいでいただければ幸いです(もちろん、途中からの参加、途中退場もご自由です)。JSC本戦直前、最後の仕上げはいかがですか?

















Posted by JWCS at 2014年09月07日 16:11通常営業日レポート

デイヴ金子のレースホルスター紹介 その5

前回記事でご覧いただきました、デイヴ金子のレースホルスター、
いわばVer.4とも言える今回の仕様で、Blue Targetさんにて
開催されたJSC練習会に挑戦したその模様をお届けいたします。



上の画像は、Ver.4ホルスターを実際に腰に着け、
愛用のレースガン(マルイ製ハイキャパ)を収めた状態です。
i Phoneでの自撮りなので、ちょっとブレてて
申し訳ないのですが(汗)雰囲気はお分かり頂けますよね。



射撃スタンスをとった状態で上から見るとこんな感じです。
以前「失敗編」でご覧いただいたように、ガンがホルスターごと
外側に倒れるようなこともなく、しっかり固定されています。



上の画像はイチローさんのブログTACTICAL LIFEよりお借りした
イチローさんのハンズアップした御姿ですが、お腰に着けられた
特製のウタマロホルスターが、右手を下ろしたその位置に
ガン待機させているようなイメージですよね。



対して私のハンズアップですが、ホルスターの位置が今ひとつ
イチローさんのそれよりも後方に下がっているのがわかります。



それでも前回までの、グラグラするガンを無理くり掴み上げるような
バタバタしたドロウに比べると、グリップを掴み損ねる確率が下がり、
ドロウスピードそのものは向上したように思いました。



特に意味はありませんが、踊るホースがカッコイイので載せました(笑)
この一連の画像は、実際にSmoke and Hopeを撃っているところを、
友人のだぶー君に撮ってもらったものなので、かなり全力で
初弾をぶちかまそうとしている本気のドロウの姿です。
まぁ、本気を出せば速いかというと、そんなことは無いのですが(汗)

そして、生まれ変わったVer.4ホルスターで臨んだJSC練習会の、
コールドでの結果は以下の通りです。



119.85秒って・・・4週間ぶりに撃ったJSCとは言え、
いくらなんでも酷い成績ですよねェ(涙)
ホルスターは明らかに良くなっていたというのに、
人間の性能がまったく追いついていませんでした。

とにかく、ほぼ全てのステージでまんべんなく
2回ずつ大叩きをする悪癖からどうにも抜けだせず、
余計なことを考えすぎたPendulumは完全に自爆でした。

これじゃイカンと気を引き締め直して迎えた2周目がこちら。



今度は111.29秒と、1周目からなんと8秒以上も
短縮しちゃったという、まったくもってデタラメな成績なのですが(汗)
ところどころ失敗はありながらも、1周目のように極端なミスを
しでかさなかっただけで、これだけ速くなるという現実ですよね。

まぁ、「速い」なんて言葉を使えるような成績でないことは
痛いほどに良くわかっておりますが(汗)石井名人のおかげで、
もうちょっと上のタイムを狙える手ごたえは感じられました。

本番の目標タイムである109.99秒以内を実現するため、
このVer.4ホルスターをとりあえずの完成形として、
出来る限りの練習を積み重ねようと思います。

石井名人のご厚意に応えるためにも、頑張りますよ!


Posted by JWCS at 2014年09月03日 23:55通常営業日レポート

デイブ金子のレースホルスター紹介その4

私デイヴ金子が愛用しているレースホルスターについて、
4回もの記事を書きながら、なかなか完成に至らないのですが(汗)

・デイヴ金子のレースホルスター紹介
・デイヴ金子のレースホルスター紹介その2
・デイヴ金子のレースホルスター紹介「失敗編」
・デイヴ金子のレースホルスター紹介その3

その惨状を見かねたJWCS公式レンジ最高顧問の石井名人が、
「これを使うといいですよ」と、大変に貴重なホルスター
bianchi hemisphereのパーツをポンと貸してくださったのです。



レースホルスターの、ベルトに装着する土台(?)となる
重要なパーツで、今となっては入手の難しい逸品なのです。



上画像のように、ホルスター本体を取り付ける部分が
ボールジョイントのように動いて、角度調整が出来るんですね。



ここに前回作った、60円ステーでかさ上げしたホルスターを・・・



付属のネジにM6のスプリングワッシャーをかませて固定。
これによって角度調整の幅が格段に広くなっています。



正面(真横)から見たホルスターの、回転方向の角度を
360度自由に調整出来るのがおわかりいたたけるでしょうか。



土台のボールジョイントで、土台から見たホルスターの
横方向への角度も、ある程度調整可能となっています。

この状態で腰に装着してガンを収めてみたところ、
以前失敗した時のグラグラな感じがまったく無くなり、
グリップを掴みに行く際の安心感が全然違っていました。

これならJWCSもJSCも、相当タイムが短縮出来るはず!
・・・てな具合に上手く行くかどうかはまた別の話しですが(汗)
その成果は、8月31日の日曜日に、Blue Tatgetさんにて
開催されたJSC練習会にて存分に試して参りましたので、
次回記事にて詳しくご紹介いたしますね。


Posted by JWCS at 2014年09月02日 02:59通常営業日レポート
© 2014 JWCS. All Rights Reserved.