第2回大会の結果を振り返って その1

ちょいと風邪をひきまして、38度ばかりの熱があるので、
今回は自分のリザルトについて、ちょっとだけ書きたいと思います。
他人様のことについて、間違ったこと書くのが怖いですからね(汗)



まずは最初に撃ったHGOP、ハンドガンオープンクラス。
本戦前にきっちりタイムを取った9月6日の自主練のタイムが
88.11秒と、この時点での自己ベストだったので、これを0.1秒でも
上回ることを目標にして、本戦初日の戦いに臨みました。
結果、第2回大会HGOPのタイムは、87.89秒と、ほんの僅かですが、
目標タイムを上回ることが出来ました。

本当は独りで練習した時に出した、86秒台に乗せたかったのですが、
やはり本番で練習通りの射撃を行うのは難しいものですね。
速く撃とうとする自分の気持ちに上手くブレーキをかけられず、
かなりのミスショットを連発してのこの結果となりました。



次にHGTC、ハンドガンタクティカルクラスについてですが、
9月28日にJWCS公式レンジにて行った、本戦前最後の
自主練習
にて、90.84秒という自己ベストを出していたため、
あの時と同じように撃てば大丈夫と、自信を持って臨みました。

ところが、シューティングボックスに立ってサイトチェックを
始めてみると、リアサイトにも、フロントサイトにも、ターゲットにも、
どこにも目の焦点が合わないではありませんか。
そう、この日は台風18号接近の影響で重い曇天となり、
レンジ内は照明が必要なほどの薄暗さだったのです。

ちょっと暗くなっただけで、極端に視力が低下する、
以前バットン社長も書いていましたが、私は若い頃から
この症状に悩んでおりまして、今回はこれで完全にお手上げ。
ストリング毎に度の入ったメガネと、度なしのシューティンググラスを
かけかえながら撃つ有様で、ROのまう@東大阪さんから、
「そんな人初めてみたわ」と笑われてしまう体たらくでした。

結果、第2回大会HGTCのタイム102.81秒と振るわず、
自己ベストから大幅に落としたタイムになってしまいました。

前回大会
105.96秒からはわずかに短縮したものの、
とても素直に喜べたものではありませんよね。

次回からのHGTCは、タクティカルライトを着けて撃つことを
真剣に考える必要があると思いましたよ。
次回レンジ当番の時には、実際に試してみようと思います。

さて、残すはライフルセミオートクラスの結果なのですが、
これについては書いておきたいことが山ほどありますので、
次回に改めさせていただきたいと思います。

も~ね、あんなに悔しい想いをしたのは久しぶりでしたよ・・・(涙)

同じカテゴリー(イベントレポート)の記事画像
プレートマスターズチャンピオンシップ
JWCSポスタルマッチBlueTarget大会の動画
JWCSポスタルマッチ奥州、上越大会の模様
JWCSポスタルマッチ京都大会レポート
JWCSポスタルマッチ2014リザルト公開
JWCSポスタルマッチ全日程終了しました
同じカテゴリー(イベントレポート)の記事
 プレートマスターズチャンピオンシップ (2014-12-23 22:01)
 JWCSポスタルマッチBlueTarget大会の動画 (2014-12-16 12:51)
 JWCSポスタルマッチ奥州、上越大会の模様 (2014-12-10 20:47)
 JWCSポスタルマッチ京都大会レポート (2014-12-08 23:32)
 JWCSポスタルマッチ2014リザルト公開 (2014-12-08 16:46)
 JWCSポスタルマッチ全日程終了しました (2014-12-07 23:56)
Posted by JWCS at 2014年10月09日 00:17イベントレポート
© 2014 JWCS. All Rights Reserved.